株式会社オム印刷

シール印刷・ラベル印刷・販促企画商品・ノベルティ製作ならオム印刷へ。

オム印刷通信 - OM’s INFORMATION & STAFF BLOG

  • HOME
  •  >  オム印刷通信
  •  >  いわゆるにわかですが・・・W杯を見て思うこと(STAFF’S REPORT)

いわゆるにわかですが・・・W杯を見て思うこと

STAFF’S REPORT| (2014年07月09日 19:14)

ご無沙汰いたしております。
営業部の大橋です。書き込みは半年ぶりぐらいでしょうか。

世間ではワールドカップもついに佳境、7/9本日朝には準決勝、ブラジルがドイツにまさかの大敗という試合がありました。
私は普段特にサッカーを見るわけではないのでいわゆるにわかなのですが、気になった試合があれば朝早起きしてみたりしていました。
今回の大会は今日の試合のブラジルやスペインの大敗、コスタリカの躍進等、まさかの結果が結構ありますね。
(日本が予想通り弱かったのは残念ですが)
まさに勝負は下駄を履くまでわからない、、、ということでしょうか。

予想外の勝ち、負けというのは何故起こるのでしょうか。
弱者の兵法が上手いこと通用したのか、あるいはコンディションや運の問題もあるでしょう。
しかしどちらかというと負けた方が負けるべくして負けた、、、ともいえるのではと。
日本や今日のブラジルを見て思うのです。

「勝ちに不思議の勝ちはあるが、負けに不思議の負けは無い」
競技違いですが、ヤクルト、阪神、楽天を率いた野村監督の言葉です。

準備不足、コンディション不良、自らへの過信、相手を舐めてかかった、、、等負けるには必ず理由があるもの。
予想外の負けをしたチームにはなにか理由があったのでしょう。

準備万端でこれでもかというくらいやっても勝てない時もある。むしろそれが普通。勝負事。

しかし予想外の負けをしないために全てにおいて万全に準備を整える必要があるのでしょう。

とここまで偉そうに書いて自分を振り返る。
「結構、ダメじゃん俺、、、」
準備できてないこと、結構あるな、、と

人生も勝負事、勝てないことも多い。
しかし、予想外に負けないために、何ができるかを考えればおのずと勝てるようになる、、、かも。


営業部 大橋

 

<< 前へ次へ >>